今さら気づいた<IN THE APARTMENT;絵津鼓>

IN THE APARTMENT (H&C Comics ihr HertZシリーズ 156)続IN THE APARTMENT (H&C Comics ihr HertZシリーズ)

 

続編が出たので、一気読みです。

1巻の表紙は部屋の玄関。

2巻の表紙はベランダ。しかもお風呂上がり風。(腐眼力)

2人の関係が進んだのねっ!! と読む前から鼻息が荒くなりました。

あの部分がスピンオフになってるのか!

これですね、1巻と2巻の間にスピンオフも発売されてたんですよね。

これもまとめて一気読み。

1巻の中で、受けが『女と子どもが苦手』と言うんです。

そして、なんで苦手になったのか? という理由も、簡単に語られます。

その、『なんで』部分が、スピンオフとなって詳しく描かれているんです。

男2人と女1人の物語。

若い彼らは、必死すぎて視野が狭くなって、問題を解決するには『もうこれしかねぇ!!』みたいに突っ走ってしまうんですけれど、願った結末にはなりません。

大人として、ひとこと彼らに言いたいのは、

とりあえず落ち着け!!

ですね。

世の中、工夫と視点の転換と想像力でなんとかなることいっぱいありますからね。

でも、きっと当時の彼らに何を言っても聞き入れる余裕もなかっただろうなぁ。

うっせぇババァ!! とか言われて終わりだと思います。

あああぁぁぁっ!

この、本編の方の攻めが美容師なんですよ。

前にも絵津鼓さんの作品で、美容師モノがあったので、美容師さん描くの好きなのかぁと思いながら読んでたんです。

そしたらですね、スピンオフの方を読んでて気づいたんですよ。

この子らの友達やないかっ!!

アンタやったんかっ!! ←盛大に吐いてしまった独り言

しかも、攻め以外に、女の子たちもこっちで登場してたんですよ。

あーっ!! アンタらもかっ!! ←盛大に吐いてしまった独り言2

美容専門学校の仲間という繋がりで、結構出てる。

そして、こっちのお話がとっても好きだったので、こういうリンクはとってもうれしい!

前に書いてますね。どんだけきのこヘアが好きか。

もう全部含めて読んで欲しい!!

同じ時代を仲間として一緒に過ごしていても、それぞれに抱えているものがあって、それぞれの幸せがある。

それを、それぞれに焦点を当てて描かれているので、全部読んで、

みんな、よかったね(号泣)

と、姉御のような読後感を味わって欲しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です