ずっと見ていたい2人<好みじゃなかと;見多ほむろ>

好みじゃなかと 2nd 【SS付き電子限定版】 (Charaコミックス)

2巻が出るとは思わなんだ……

いやっふうぅぅぅぅ!! としばしの間自分を見失うほど喜び、平常運転になったところで読み始めます。

もちろん、1巻からですよ。

あ〜そうだった〜この攻めさんの方言がたまらないんだったぁ〜もう〜

という感じのキモい自分が現れました。骨抜きってこういうことを言うのかしら。

 

お父さんが倒れたため、1週間だけ実家の工場を手伝いにきた受けさんが、オラオラ系方言男子にガッツリ捕まってしまうお話です。

東京でSEのお仕事してる受けさんと、工場で肉体労働している攻めさんのちぐはぐな感じがいいですねぇ。

真逆なのに、お互いの仕事に理解があって、尊敬していて。

どちらもカッコイイ。

1巻では、受けさんが東京に帰ってしまったところで終わってましたけれど、2巻では帰ってまいります!

イチャコラのターンだな、とホクホク顔で読み始めてみれば、なかなかイチャイチャできないんですよ。

受けさんは、本格的にお父さんの仕事を継ぐことになったので、仕事を覚えるのに必死だし、お父さんからの容赦ないシゴキのおかげで土日も接待ゴルフなんぞに出かけていきます。

攻めさんは、オラオラしてるのに結構ベタベタするのが好きな人ですから、そんな日々にキレそうになってます。

攻めさんもキレそうだが、私もキレそうだ……

もっとイチャコラせんかいっ!

全力で野次を飛ばしていたらば、攻めさんがガツガツ行動してくれたおかげで、イッチャイチャしてる場面を見ることができました。ごちそうさまです。

なんか怖い奴出てきた

新キャラ登場ですよ。

しかも、目つきは悪いし、口も悪いし、受けさんへの態度がヒドい。

ちょっと体育館裏に連れて行ってバチコンいわせたろかな、ぐらいに嫌な奴です。

でも、この人もいろいろと背負ってきたものがあるんですねぇ。

受けさんとのバトル、と言うか一方的な嫌がらせが何度もあるので、

アンタって子は! そんな風に育てた覚えないよっ!

と、私の内なる母が登場するほどにイライラさせられました。

でも、いつの間にか人の心をがっちり掴んじゃうような受けさんですから。

こんな野生猫みたいにシャーシャー言ってる人も、ちゃんと捕まえます。

受けさんがデレる

なんだかんだと、忙しい合間にイチャイチャしている2人ですが、基本的には攻めさんがオラオラと押して受けさんに乗っかる(表現を謹め)、みたいな感じなんですよ。

でもですね。

ついに受けさんがデレる時がきました。おめでとうございます。

その時の攻めさんの顔がステキでしたし、夜の方の頑張り具合もこれまたステキでした。

そして、翌日に受けさんを帰したくなくてぎゅっとする場面では、顔面が崩壊するほどニヤけました。

この2人、たまらん。一言でまとめるとそんな感じです。

見多ほむろさん、大好きなんです

どれも好きなんだけれど、これが特にお気に入り。

かわい過ぎる高校生カップルです。

ツン気味な受けくんなんですけれど、攻めのことがものすごく好きで一途な姿がもうっ!

アンタはちょっと落ち着いて受けくんのこと見てみなさい!

と、ガサツな攻めに説教してやりたい。

でも、攻めもねぇ、ずっとねぇ、好きだからぁ(キモい)

とってもニヤける & 笑える 1冊です。

カフェの店長と農家の受けくん。

この受けくんがまた可愛いんですよ。

店長は好き好き言ってる割にヘタレなもんで、なかなか進展できず。

じっくりと関係が深まっていく2人に、時々イライラしちゃったりね。

ガッといかんかい、ガッと!

と、私の内なるオッサンが登場することもしばしば。

でも、そのジリジリ感があったからこそ、くっついた時の喜びも大きいわけで。

とてもステキな1冊です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です